初めての確定申告② 所得は10種類に分類

囲炉裏.jpg
【 所得の種類と課税方法 】
所得は、その発生形態などに応じて10種類に分類される。

Ⅰ.事業所得(営業等・農業)
① 商・工業や漁業、農業、自由職業などの自営業から生ずる所得 
 ⇒ 総合課税
② 事業規模で行う、株式等を譲渡したことによる所得や先物取引に係る
 所得 ⇒ 申告分離課税

Ⅱ.不動産所得
  土地や建物、船舶や航空機などの貸付けから生ずる所得 
 ⇒ 総合課税

Ⅲ.利子所得
① 公社債や預貯金の利子などの所得 ⇒ 源泉分離課税
② 国外で支払われる預金等の利子などの所得 ⇒ 総合課税

Ⅳ.配当所得(配当所得には確定申告不要制度あり)
① 法人から受ける剰余金の配当、公募株式等証券投資信託の収益の分配
 などの所得(申告分離課税を選択したものを除く) ⇒ 総合課税
② 上場株式等に係る配当金、公募株式等証券投資信託の収益の分配などで
 申告分離課税を選択したものの所得 ⇒ 申告分離課税
③ 特定目的信託の社債的受益権の収益の分配などの所得 
 ⇒ 源泉分離課税

Ⅴ.給与所得
  俸給や給料、賃金、賞与、歳費などの所得 ⇒ 総合課税

Ⅵ.雑所得
1.公的年金等
  国民年金、厚生年金、確定給付企業年金、確定拠出企業年金、
  恩給、一定の外国年金などの所得 ⇒ 総合課税
2.その他
① 原稿料や講演料、生命保険の年金など他の所得に当てはまらない所得
 ⇒ 総合課税
② 業(事業規模を除く)として行う、株式等を譲渡したことによる所得や
 先物取引に係る所得 ⇒ 申告分離課税
③ 公社債の償還差益のうち、一定の割引債の償還差益などの所得
 ⇒ 源泉分離課税

Ⅶ.譲渡所得
① ゴルフ会員権や金地金、機械などを譲渡したことによる所得
 ⇒ 総合課税
② 土地や建物、借地権、株式等を譲渡したことによる所得(株式等の譲渡
 については事業所得、雑所得となるものを除く) ⇒ 申告分離課税

Ⅷ.一時所得
① 生命保険の一時金、賞金や懸賞当選金などの所得 ⇒ 総合課税
② 保険・共済期間が5年以下の一定の一時払養老保険や一時払損害保険の
 所得など ⇒ 源泉分離課税

Ⅸ.山林所得
  所有期間が5年を超える山林(立木)を伐採して譲渡したことなどに
  よる所得 ⇒ 申告分離課税

Ⅹ.退職所得
  退職金、一時恩給、確定給付企業年金法及び確定拠出年金法による
  一時払の老齢給付金などの所得 ⇒ 申告分離課税


※総合課税    確定申告により、他の所得と合算して税金を
         計算する制度
※申告分離課税  確定申告により、他の所得と分離して税金を
         計算する制度
※源泉分離課税  他の所得とは関係なく、所得を受けるときに一定の
         税額が源泉徴収され、それで全ての納税が完結する
         制度

                   © 2016 CounselingRoom"D"


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック